性病のコンジロームとカンジダ症について

性病とは、文字通りに性行為がきっかけとなって感染する病気全般のことをいいますが、現在ではどちらかというと性感染症という言い回しのほうが一般的になってきています。このような性病のなかまとしては、実にさまざまな種類があり、治療の方法に関しても、どのような病原体が原因となっているのかによって異なっています。
たとえば、コンジロームというのは、HPVとよばれるウイルスへの感染が原因となっている病気であり、陰部にいぼのような突起が多数生じるというのが、その症状の特徴となっています。この突起物に関しては、他の性病のような痛みやかゆみがないことがあるため、本人が病気とは自覚しないケースも少なくはありません。また、性行為以外であっても、まれに銭湯やサウナなどを利用した機会に、他の感染者から感染することもあるとされています。
カンジダ症については、真菌の一種であるカンジダが人体に感染したことによっておこるもので、女性の場合はおりものが増加したり、陰部に痛みやかゆみがあったりします。男性の場合には、陰部が赤くなったり、かゆみが出たりすることがあります。カンジダ症に関しては、かならずしも性病というわけではなく、もともと身の回りにいたカビの一種がストレスや他の病気で免疫力が落ちた際に異常繁殖をはじめて発症したというケースもかなり想定されます。
こうした性病に対しては、一般的には抗生物質、あるいは抗真菌薬、抗ウイルス薬といった医薬品を投与して、病原体が体内で増殖するはたらきを抑制することによって、発熱、発疹、かゆみ、痛みなどといった症状の改善につなげるというのが一般的な方法といえます。また、医薬品は錠剤やドライシロップなどの形態ですので、病院で処方を受ければ、家庭でも気軽に服用できるものです。